DEAR PILATES

ピラティス

ピラティスの定義は、とても一言では書ききれません。
ピラティスは素晴らしくて大好きだけれど、私の知らないことがまだまだたくさんあります。

ピラティスとは、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティスという創始者の名前です。
ピラティスさんはその昔、この今のピラティスを考案していく過程でピラティスのことを『コントロロジー』(コントロール学、という意味の造語)と表していました。解剖学、生体力学、運動機能学…それらと同じように、コントロールの学問。

ピラティスさんの残した言葉で、ピラティスインストラクターが語り継いでいる言葉があります。
『10レッスンで気分が良くなり、20レッスンで見た目が変わり、30レッスンで全く新しい身体が手に入る』
頭で考え理解し、意識が変わることで身体が変わり始めるのです。

身体を正しいアライメント(骨の配列・姿勢のこと)で使うこと、そして正しい関節運動を助ける適切な筋力をつけていく。主に自分を助けてくれる筋群はインナーマッスルです。すると身体は最小の労力で最大のパフォーマンスを発揮します。これらの取り組みの中でボディ・マインド・スピリット(心技体ですね)を全てバランスよくコントロールしていく。
『自分の身体を自分の思うようにコントロールする』できるようでできていない、シンプルなこと。自分の意思で身体の隅々まで骨の動きまでコントロールしていくことによって、自分を整えて行きます。

ピラティスはディアピラティスのメニューをする上でも、はたまた単なる日常生活においても全ての『言語』となるものです。教科書は解剖学。
マットひとつで取り組めますが、それにマシンやイクイップメントなど様々なサポートツール(シルクサスペンション™️やストレッチーズもその中の一つです。)を組み合わせてどんどん身体を変えていくものです。体幹やコアはもちろん重要ですが、それだけではなく全身をバランスよく整えていくことによって目指すものは『健康』です。
自分の身体にしっかりと向き合い健康寿命を全うすること。それが当たり前のようで難しいことなのです。
正しいアライメント、しっかりとした軸で取り組む趣味やスポーツ、それら全ての自分の人生を快適に過ごすために、楽しく面白くじっくりと、ディアピラティスでピラティスの扉を叩いてみませんか?

ピラティスのレッスンは、マットピラティスのクラスです。
様々なプロップス(道具)を使いながら全身をバランス良くトレーニングしていきます。プレピラティスで基本的な身体の 正しいアライメント(姿勢)がわかっている方のためのクラスです。
ディアピラティスでは初めて取り組む方にもきちんと丁寧に指導致します。少人数ならではの、きちんと納得のいくレッスン。フィットネスクラブなど大人数のグループレッスンでは正しく動けているかわからないことが多いですが、小さいスタジオだからこそできるレッスンを心がけています。

プレピラティス

ピラティス初心者の方のために、様々なエクササイズの『言語』となるピラティスの基礎を丁寧にレッスンしていくクラスです。
経験者の方にも、じっくりと取り組む基礎は決して物足りないものではない内容です。他の教室にはなかなかない、じっくりと説明を多くしながら動きを確認し、 初めてのピラティスをより深く理解するための基礎セミナーのようなクラスとなっています。